祖父のムダ毛の話

ムダ毛について考える女性
私はハゲる事におそれ感を持っています。

家屋の家系は代々ハゲる家系なのです。

だからいつヘアーが薄くなってもおかしくないのです。

私は実際のところその兆候はないのですが、私の兄はすでに若ハゲがきわだってきていて見ていて可哀想に思えます。

おでこの辺りからハゲが進行していて酷いんです。

ただ私は怖いと思っているのはそのせいではないのです。

まだ兄くらいのハゲなら許せます。

私の祖父なんてすごいですからね。

ヘアーが数本だけ残っている様子で、ヘアーが言うなら「必要ない毛」みたいに生えているんです。

後頭部に数本だけちょろっと脇の必要ない毛のような髪が数本生えています。

加えてその状況を一生懸命保持しようとしているのです。

私はそこまで行ったら思い切っての事頭を坊主にした方が良いともうのですよね。

夜もドライヤーで乾かす事例なんてそよそよとした冷風で優しく乾かしていて見ていて痛々しいです。

あそこまで命懸けになられると見ていられなくなります。

ただ同じ血が流れているので、もしかしてハゲと言うのはなって見ないと分からないのかもしれません。

私は結構必要ない毛も多々ある方だし、ヘアーも実際のところもっさりと生えているのです。

だから心配無用して良いと思うのですが、結局祖父の必要ない毛のようなヘアーの事を見ていたら心配無用しきれません。

そのうちに薄毛で頭を抱える事にならないように定期的ヘアーの様子には気を付けていたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です